POISSON D'OR NOUVELLES
”大人による大人のための浴衣”ブランド『Poisson d'or(ポワソンドール)』からのお知らせ

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : posted by スポンサードリンク
熟考中(深夜の長文)
先日のアンケートの記事に「ヒップサイズ」「ヒップ」「尻」などと書いたからか
速攻でアダルトなトラックバックが…!
「ギャー!だめよ!ここは素敵なブログなのだわよ!」と即刻削除しました。
いや、そんなTBがつけられても仕方がないのでは?と思うほど尻問答している円です。
(とか書くとまたイヤらしいTBが付きそうですが…)

いや、ほんとにアンケートご協力ありがとうございます!185人!?すごい!
そりゃ日本中の人の平均ではないですが、キモノが好きで実際に日常に楽しんで着ている人たちの現状がわかるという意味では呉服業界の方々もぜひ参考にしていただきたいほど、とても有益なアンケートだと自負しております!
身丈と身幅…みんなちがってみんないい。でもまとめねば。

身長アンケートを見ると、145〜163センチくらいの間の方が全体の7割を占めるのだな、というのがわかりました。
【身丈=身長と同じくらい】というのが一応キモノ業界の定説となっているようなので、身丈165センチというフリーサイズのプレタ浴衣はこの70%という大多数の方たちにとっては「着づらい浴衣」ということになります。これを1サイズで売っているのって一体…!とあらためて驚いた次第です。
だって、日常自分で着付けができる人でさえ「着づらい」と思う浴衣なわけですよ。
小柄な人はおはしょりを二段にしたり、苦しいけどジャストウエストで腰ひも締めたりしながら着ているものを、若い子が自分ひとりできれいに楽になんて着られるわけない。
「浴衣の着付けができない」「キモノなんてもっとできない」って、そりゃそうなるわ。ああ、キモノ離れ…。

さてさて、身丈です。
身長=身丈というのは、着物を仕立てるときによく言われることですが、これは裾の線が床ギリギリに着つける礼装だったらそれぐらいあるほうがいいかな〜、と思うのですが、浴衣はそこまですっぽり覆わずちょっとかかとが見えるくらいがカジュアルで涼しげなわけで、そうなると身長−3センチぐらいでも全然問題ないということになります。
それから、アンティーク着物を着なれている方に多いと思うのが「腰紐の位置を低めに結んでおはしょりを出す」という着方をされている方。私もそうなんですけど、この着方に慣れてしまうと、もう腰ひもをジャストウエストで結べなくないですか…?腰骨のちょっと上くらいで結ぶと、しっかり締めても苦しくないし、ひもがおなかに食い込む感じがないので非常に快適。
そうなるとさらにマイナス2センチくらいしてもまだ余裕だと思うんです。
案外アンティーク着物が流行したのは、着てて楽だったから…というのもあるかもしれないですね…まったくの仮説ですが。オホホ。

え〜と、ちょっとわかりやすいHPがあったのでご紹介を(リンクフリーとのことです)
和楽社中さんのちょいしょり着
ちょっと極端にいえばこのくらいでも着られるので、浴衣は長いよりも身長より3〜7センチくらい短いほうがむしろ着やすい!という結論に到達しました。

なので、まずは身丈を2種類に決めようと思います。
●身丈152僉裄66センチ(適応身長152〜157センチ)のM型
●158僉裄68センチ(適応身長158〜163センチ)のT(トール)型

()内の適応身長はあくまで参考数値です。
こんなプレタのサイズなんて聞いたことないわ…。
市場のプレタより「ポワソンドールの浴衣は着丈が短ッ!」と感じる方も多いと思います。が、それは小さいのではなくて【着やすさ】を追求してのことだとご理解いただければ幸いです。ふつうに腰ひも一本と伊達締めだけで、楽にすっきり着ていただきたいのです。
単純にアンティーク着物にイメージを変換してみてください。
「あ、おはしょり余裕でとれる丈!しかも裄もしっかりあるやん!」という感じですね。着やすくなるはず!マイサイズで仕立てた浴衣に近いものができるはず!と信じて、今いろいろ試作品(白装束)を黙々と縫う女となっております。

ちなみにかなり小柄な140センチ台〜150センチ、そして164センチ以上の方で「身丈158は不安」と思う方は、ちょっと高くなってしまいますがサイズオーダーがベストです。

私の個人的な意見ですが、【浴衣は唯一、消費されるキモノであっていい】とぼんやり思ってます。
ファッションと伝統、両方のいいとこどりでいいんじゃないでしょうか。
キヨブタ!一生モノ!というほどの値段でもないですし(モノによってはさすがにお高いですが)、手持ちの浴衣ともども何年か楽しんで、ちょっとヨレてきちゃったかな?という頃には、きっとまたお気に入りの浴衣が目の前に現れると思うので。

でもポワソンドールの浴衣が、後世ものすごい価値がつくような、希少な浴衣になってくれたら、それはそれでうれしいですけどね(笑)

次回は尻=身幅問答。
(変なTBが付きませんように…と祈ってから寝ます)
サイズ大研究 : comments(3) : trackbacks(0) : posted by Poisson d'or
スポンサーサイト
- : - : - : posted by スポンサードリンク
Comment








ビシッ。っと着付けの決まった浴衣って素敵ですよね。サイズが大きいと、どうしても着付けが決まらないものです。
アンティーク着物仕様の、袖丈長めバージョンとかも選べたら嬉しいです。
posted by ヨーコ : 2008/03/23 3:17 PM :
そうなんですよね!!
私はなかなかアンティーク着物に手が出せずにいるのですが、着物を着始めたのが母の着物からだったので、腰紐の位置は低めで結ぶのに慣れてしまってて…プレタの着物を着るときに着付け終えた時に、あっ…って、なることが多いです。

あとは身幅!!
これは本当に困っているので、この後の考察を楽しみにしています。
ヨーコさんがかかれているように、ちょっと袖丈長め…みたいなのも選べると楽しくなりますね〜vv
posted by Yuka : 2008/03/24 1:30 PM :
●ヨーコさん
そうですね、浴衣は着崩れるとさらに暑苦しく見えるという危険をはらんでいるので、ぜひキリリと涼しげに着たいものですね。

●Yukaさん
バレリーナのスラッとした体形にも似合うサイズ、つくりますよ!
そして袖丈も…ご期待に沿えるよう頑張ります!

posted by madoka : 2008/03/29 12:06 AM :
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://poisson-dor.jugem.jp/trackback/12
<< NEW : TOP : OLD>>