POISSON D'OR NOUVELLES
”大人による大人のための浴衣”ブランド『Poisson d'or(ポワソンドール)』からのお知らせ

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : posted by スポンサードリンク
プレタ浴衣について
こんばんは!円です。

先日カタログのための撮影を終えまして、
巨匠アヤーキーが画像をせっせといじってくれている間に、
プレタ浴衣担当の私より、今年のプレタについて語ってみようかと思います。
え〜長くなります。

昨年は、巷の巨大なプレタ浴衣にモノ申す!ということで
なんとかプレタ浴衣でも着やすいサイズを!と熱くたぎっておりました。
そして夜な夜な白装束を何枚も何枚も縫い、
世の中のプレタ浴衣にはまずあり得ない、こだわりの4サイズ展開で
デビューしたポワソンドールでありますが、
すみません…最初申し上げてしまいます。今年は1サイズです。
まだまだ長くなります。

昨年、私は自分にプレタのS1というサイズの水紋ピンクと
フルオーダーの萩を購入したのですが、正直…正直に申し上げまして

「手縫いフルオーダー!!超着やすい!」

と、大感動したのであります。
私だけの体形に合わせて仕立てられた浴衣は、着くずれることもなく、
余分に余る部分もなく、吸いつくように着付けができました。
柄あわせもきれい。
一級技能和裁士の腕の素晴らしさを、
見て、そして着て、さらに深く感じたのであります。
細かいところでは「全く表に縫い目が見えない」と言うことにも感動。
「柄に合わせて糸の色を変えて『くけ』ている」ので、表に全く針目が見えないのです。
これは残念ながらプレタ浴衣ではできないこまやかな手仕事。
アヤさんも、「フルオーダーほんまに着やすい!びっくりした!」と絶賛。
100人いたら100人いろいろの体形があるから、
やっぱりプレタ4サイズでもみんなにしっくりくるということは難しいんだな。
「あ〜…こんなに違うんだったら、今年は全部フルオーダーで受けるのもありかな…」
と思っていたお正月明け、型紙を持って伺った注染工場の担当の方から
「縫製工場さん、今年はあの4サイズでは受けられないそうです」
というお言葉。
「縫ってるおばちゃんたちが、めんどくさがっちゃったみたいで」
え〜〜〜〜・・・・。え、ええ〜〜〜〜〜〜〜。
めんどくさい・・・のか。
私、白装束縫うのはめんどくさくなかったよ・・・。
だって、それを待っててくれるお客さまがいると思ったら、むしろ楽しかったよ・・・。

「ムキー!縫うのが仕事のプロがめんどくさいってなんだよぅ!」
って一瞬、腹が立ったのも事実。
でも、ちゃんと考えてみたら、1サイズで大量生産するのが当たり前のプレタ工場に、
デビューしたてのブランドの、決して多いとは言えない枚数の反物を 
指定した4サイズで仕立てて欲しい無理にお願いしたのは私。

そしてそのやり取りは常に、注染工場の担当さんを介してだったので
その担当の人にはなぜこの4サイズで作りたいのか、1サイズじゃ駄目なのかを
何度も伝えてはいたけれど、そのどこまで縫製工場に伝わっていたかは、わからない。
直接その縫製工場(静岡)まで挨拶に行ったり、
直接話をする機会を作らなかったのは私。

白装束全部持って、工場に行けばよかったな。
どうしてこの4サイズにこだわったのか、熱く伝えればよかった。
そうしたらパートのおばちゃんたちだって、
「めんどくさいけど、そんなに言うならしょうがない。やってやるか!」って
なってくれたかもしれない。
人間って最終的にはやっぱり、気持ちで動くものだから。
気持ちを動かせなかったのは、私が気持ちを伝える努力をしなかったからだ。

浴衣だけじゃなく、今までだって、
コートのときもステテコのときもずっとそうやって
ひとつひとつ工場さんにお願いして、直接伝えて、
「気持ち」の部分でなんとか受けてもらってたのに、
注染工場からパッと紹介してもらった今回は、それをしていなかったんだということに、
今更ながら気づいて、しかも「なんだよー!」と思ってしまった自分にも「うう…」と
けっこうブルーになったりしました。
でもいい勉強になったと思います。初心忘れるべからず。

こうしてポワソンドールはもがきながらも2年目の幕を開けたのであります。
今年もどうぞ、よろしくお願いいたします!

というわけで、皆様には申し訳ないのですが、
今年は4サイズのセミオーダーはできなくなりました。
一応、プレタ浴衣も1サイズで出しますが、
基本的にはすべてフルオーダーでお受けします!
でもフルオーダーは決して後悔させません!!
和裁士さんの仕事ぶりについては、また後日。
サイズ大研究 : comments(0) : trackbacks(0) : posted by Poisson d'or
スポンサーサイト
- : - : - : posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://poisson-dor.jugem.jp/trackback/45
<< NEW : TOP : OLD>>