POISSON D'OR NOUVELLES
”大人による大人のための浴衣”ブランド『Poisson d'or(ポワソンドール)』からのお知らせ

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : posted by スポンサードリンク
=コラム2= 私達の年代だからできるオシャレって?
ニコチイ

まいど!アヤです。だんだん暖かくなってきて嬉しい悲鳴をあげています。
さて、自分のブログにも書いたのですが浴衣のことなのでここにも。しつこく。

今年のポアソンはちょっと面白い事になっています。
去年と今年でようやく我々の色が見えて来たのでは無いでしょうか?
私達も「したいのはコレ!」と、とても明確なビジョンを掴めた気がします。

大正時代の染色技術×「粋と可愛いのあいだ」のデザイン

これがポワソンドールの根幹にあるもの。
私達は着物も好きだけど洋服も大好き。
洋服の延長線上に浴衣があればいいな・・・
洋服と同じでちょっと上等のワンピースに袖を通すときのあの気持ちのパリッとする感じ。テンションがすごくアガる気分。「どやさ!」と胸を張って街を歩くあの感じ。あれと同じ気持ちを浴衣で体感してもらえたらいいなぁ。そう言う想いを込めて浴衣を作っています。
そう。とにかく洋服とか和服とかにカテゴライズされるんじゃなく「着飾る事」が好きなんですわ。

確かにTHE浴衣な柄もとても素敵。古典の素晴らしさもモチロン理解しています。いつか欲しい。絶対欲しい。でも今、私が着たいものって?と着物を着る時 いつも自分が立ち止まる箇所。「あれはもっと大人になっても着れるよなぁ。そして大人になってからの方が楽しめる気がする」と言う思いが毎回頭をよぎって、それと同時に「いや、でも、もう三十路だしあん まり派手なんもなぁ」とも思う。

でも洋服だとどうだろう?
「もう三十路だからエレガントにクラシカルに」とは思った事が無いんです。どちらかと言うと「これ、もうギリギリかもしれんけど知るか!楽しまなくちゃもっ たいない!今の私が出来るオサレを全部したいわ!マスター!いただくわ!」と心の中で謎のマスターにシャウトしている私がいる。よく考えたら私、服って凄い派手な柄物ばっかり。じゃあ着物もこれで行けばいいんじゃない?そう思ったら着物に対する面白さが広がったのです。
これは下のコラムで円さんが言っている雑誌論と全く同じ事だと思うんです。

現代の遊び心のあるデザインで尚且つ大人だからこそ着れる上質の浴衣。
綺麗に着付けられて、大人の女にしか出せないお色気が出る浴衣。
この年齢だから手に入れられるオートクチュールの浴衣。
そんなんあったら絶対いいわ!と生まれたポワソンドール。
誰かの心を『ウオッ』と鷲掴みできる事が出来たら幸せです。
そろそろお披露目出来そうです

夏にしか着れない日本の民族衣装。浴衣。男も女もなんだか艶めく浴衣が私は大好き!
是非一緒に楽しみましょうぞ!
デザイナーふたりの浴衣つれづれ : comments(0) : trackbacks(0) : posted by Poisson d'or
スポンサーサイト
- : - : - : posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://poisson-dor.jugem.jp/trackback/47
<< NEW : TOP : OLD>>